子どもができないのは結婚できないから

少子高齢化が叫ばれている現在ですが、どうして少子高齢化になっているのかというと、単純に結婚できないからです。

結婚すれば自然に子供なんてできそうなものですが、そもそも結婚が難しい時代になっているんですよね。実際に未婚者では「いずれ結婚するつもり」と考えている男女が9割近くみたいなんですけど、実際には結婚してない現状を考えると何か問題がありそうですよね。

よくある結婚でき無い理由で多いのが、相手に求める理想の条件が高すぎるということがあげあれます。

結婚相手などに人柄や家事などの能力を求める女性もいますが、実際には経済力が一番の問題なんですよね。実際に結婚の利点として「経済的余裕が持てる」ことを挙げている未婚女性はかなり多いです。

女性が結婚相手に求める最低年収は400万円以上ですが、年収400万円以上の男性は少数派なんですよね。特に若い人で年収400万円を超えている人は結構すくないです。

さらに結婚して子供を産んでも教育費が高いのでなかなか満足のいく教育ができないのではないかと不安に感じる人も珍しくないんですよね。

まあ、国の問題ではありますが、若い男性を探す場合には、現在の収入よりは将来を見越した視点を持つことが大事なように感じますね。安い費用の葬式の選び方