結婚に愛は必要ないのか

好きな人と結婚するといのは普通のことだと思いますが、実際に結婚すると愛が無くなるという人は珍しいことではないです。

というか結婚して夫婦になっている男女で、おそらく多くの人が愛がないと答える人が多いのではないでしょうか。一緒にいるのは経済的な理由だと答える人がかなり多いと思います。

正直寂しい感じもしますが、これか現実なんですよね。結婚生活に愛がないというのはある意味では当たり前になりつつあります

というか結婚後に愛がある状態で生涯を終えるという人の方が少ないのではないでしょうか。女性の多くは夫にお金があるから一緒にいるだけで、実際には別れる機会を狙っているという人も少なくないと思います。

実際に夫が退職後に退職金というお金が入ると離婚を切り出す女性が多くなっている現状を見ても、お金の為に一緒にいるという現実が普通にあります。

どうせいつか冷める愛なら、そんなものに縛られずに、お金を基準に結婚相手を決めようじゃないかという素直な女性も少なくないです。

まあ、若い女性の場合にはお金も含めて性格など色々な部分を加味して考えると思いますが、ある程度の年齢になると、愛は錯覚なので、そんなものは切り捨ててお金目的でよいのはという考え方もできます。

生活のための結婚なら愛は必要ないかもしれないですね。債務整理比較